ツバメオモト

画像
 立派な一眼レフを首から提げたおじさんと山道ですれ違ったとき「この先にツバメオモトありますかね」と尋ねられたので、「さっき見ましたよ」と安物デジカメの画面をお見せしました。



画像
 しばらく歩くと三脚を据えてじっくり撮影しているおじさんがいらっしゃいました。

 みなさん機材も服装も本格的で、余裕がおありなんですねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

カエル爺さん
2017年06月30日 09:20
花も美しいですが、やはり果実目的って人が多いのでは? 見当だけで街からやってきて土地勘や自生地も知らない人にとっては、全てを把握されている管理人さんは仙人や神様同様の立ち位置なのでしょう。管理人さんに会わなければ重い高級機材をもったまま山中をウロウロしたあげく重い足を引きずって失意のうちに下山されたのかも知れませんね。管理人さんを1日、レンタルすれば大豊作となるのでしょうに♪
管理人
2017年06月30日 22:19
信州の山や高原は平日にもかかわらずたくさんの老中男女や熟女グループが、それこそ仙人や神様のような物知りリーダーやガイドに引き連れられて大賑わいです。
野良着のままの管理人なんぞはその後をそっと歩いてリーダー様の解説を盗み聞きしたり、たまにはグループの一員のような顔をしてちゃっかり質問したりして知識を仕入れているだけです(笑い)
また最近はどこでこんな花が咲き出したという情報も豊富に飛び交っていて、みなさんスマホでしっかりチェックしてらっしゃるようです。
ツバメオモトは管理人がたまたま先に見かけたというだけで、交通事故のようなものです。

この記事へのトラックバック