テーマ:木の花

バナナ

 緑色のバナナの房の下に蕾のようなものがぶら下がっていました。  花が開いては実が1段でき、その下に花が開いてまた実が1段でき、それを繰り返しながら大きな房になるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカネムノキ

 ネムノキと同じような花が咲いていましたが、高い木なので細かいところまでは分かりません。  日立グループのテレビCMでお馴染みのハワイの「モアナルア・ガーデン」にある大木は「日立の樹」として日本人観光客だけが訪れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コヨウラクツツジ

 道端の藪の中に小さな赤い壺形の花がぶら下がっています。  小さなヨウラクツツジという命名のようですが、近くで見られるウラジロヨウラクの花は釣鐘形なのでちょっと趣が違います。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキヤシオ

 標高1850mの県道を走っていたら濃いピンクの花が目に入ってきました。  紫色の染料で8回も染めたようなきれいな色だとして名付けられたという解説があり、「八汐」「八塩」「八潮」などと表記されているのを見かけます。  素人は「八染」がもっとも相応しいと密かに思っています。  開花期間が短いのでラッキーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリソデヤナギ

 姫路城の隣の日本庭園で、遠目ではネコヤナギのように見えました。  冬芽が赤いのでアカメヤナギとも呼ぶそうです。  穂の出始めが赤くきれいなので振袖の名が付いたという解説と、明暦の振袖火事の火元である本妙寺の境内で発見されたので振袖の名が付いたという解説があります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリオプス・デージー

 大阪城公園の花壇に黄色い花がたくさん咲いていました。  花の姿はフランスギクやマーガレットのようです。  蕾は白い毛で覆われていて暖かそうです。  小型の木の仲間だそうで、この時期の雪国では見られない光景でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホップ

 ワイン用ブドウの圃場の端に植えられているホップの蔓が繁り、花が沢山ぶら下がっています。  松毬状の花はその辺に生えているカラハナソウの花のそっくりで、近縁だそうです。  茶色くなった花をよく見ると黄色い花粉のようなものが付着していて、近寄ると懐かしい匂いがします。  昭和40年代まで、ホップと葉タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヤマレンゲ

 今年も山の貴婦人に会うことができました。  去年はうっかり見過ごしていた場所にひっそりと咲いていました。  同行した家人の感想は「蕾が可愛い」でした。 庭木・苗木:オオヤマレンゲ(ミヤマレンゲ)根巻遊恵盆栽 楽天市場店商品情報 樹種:おおやまれんげ(みやまれんげ) 撮影日:4月 落葉性低木。 5-7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバスノキとガンコウラン

 ガンコウランの林の中でオオバスノキやイワカガミ、コケモモなどの花が咲いていました。  林と言っても高さはせいぜい20センチくらいで、草のように見えても小型の木で、ランという名前でも蘭ではないというガンコウランに、よく見ると緑色の実ができています。  まだ花は撮影できていません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンショウヅル

 林道のフェンスにツルが絡みついて花や蕾がぶら下がっています。  この花を見るのは久しぶりです。  半分に割れて中身を見せているのもありました。 黄金ハンショウヅルGardenShop LaCotto商品詳細 宿根草or一年草 キンポウゲ科耐寒つる性宿根草 ポット/鉢サイズ 5号プラ鉢フェンス仕立て楽天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更紗満天星

 いつもの年より10日も早く庭のサラサドウダンが満開です。  木によって花弁の色合いが様々です。  去年の花殻が残っています。  これはベニサラサ(紅更紗)でしょう。  ベニドウダンも見頃です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナニワズ

 山の中で咲いている黄色い花が目に入りました。  ナニワズかオニシバリのようです。  どちらにしても夏になると葉が落ちるのでナツボウズ(夏坊主)と呼んでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヤマレンゲ

 志賀高原・大沼池の林道を歩いていてこの花を見つけたとき、思わず「あった!」と叫んでしまいました。  モクレンのような大木と大きな花だと思って上ばかり見ていたので、道端でさりげなく咲いていたのにはちょっと拍子抜けでした。  手元のボケッと図鑑には『群馬・新潟県以西から四国、九州までの深山に生える』とあり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハナヒョウタンボク

 あまりの暑さに百姓仕事を放り出して涼みに行った高原で、スイカズラの花に似た形の花がちょうど満開の木に出くわしました。  春と夏の端境期でめぼしい花はほとんど見られませんでしたが、これだけは遠くからも咲いているのが分かりました。  国内では長野の他には岩手にあるだけの希少種だそうで、ちょっとラッキーでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

姫か鬼か

 山道でクルミの花を見かけました。  実ができないとヒメグルミかオニグルミか分かりませんが、ヒメグルミのほうがオニグルミより味は良いとされていました。  でもいまどき道に落ちているクルミを拾う人はほとんどいなくなりましたね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンゲツツジ

 畑のレンゲツツジが咲き出しています。  畑に植えておいたのが邪魔になったので、先日バックホーで掘り上げたのですが、植え替える場所がなくそのまま放置していました。  だれか貰ってくれないかな・・・
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホソバシャクナゲ

 アズマシャクナゲが散った後、ホソバシャクナゲが満開です。  大雪の下敷きでぺしゃんこになっていたのを掘り出したら元に戻ってくれました。  堅くてぽっきり折れそうな木ですがしなやかなところもあるんですね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤエベニシダレ

 オオヤマザクラが何本も植えてある地区の育成広場に枝垂れ桜が1本だけあり、ちょうど見頃です。  八重咲きなのでヤエベニシダレだと思います。  しっかり手入れをすれば100年後には村を代表する桜になるはずですが、それまで地区が存続しているか、何とも言えません。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヘーゼルナッツの花

 いわゆる西洋ハシバミの木に花が咲いていました。  遠目には雄花が垂れ下がっているだけのようですが、近寄ると赤い蕊が飛び出しているマッチ棒の先ぐらいの雌花がちゃんとあるのが分かります。  これから木の花も徐々に咲き出します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

高原のバラ

 志賀高原ではきれいなバラをあちこちで見かけます。  タカネバラとオオタカネバラはよく似ていて、大きいからオオタカネといわれても、並んで咲いていないと相対的な比較はできません。  専門的には葉の形で区別できるようですが、現地ではどっちがどっちだったか思い出せず、歯がゆい思いをしています。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クロヅル

 スキー場のゲレンデに生い茂る夏草の中で、上に向かって固まって咲いている白い花を見かけました。  葉っぱに見覚えはあるものの名前が浮かんでこないので、取りあえず写真を撮って調べることにしました。  草なのか丈の低い木なのかはっきりせず、なかなか見つけられなかったのですが、かつて同じ場所に行かれた方のサイトの古い記…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツルコケモモ

 湿原でヒヨドリジョウゴに似た形の花を見かけました。  手元のポケット図鑑では「カタクリを思わせる形」となっていました。  花弁の色がピンクならカタクリに似ているように見えたかもしれません
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

タニウツギ

 裏山で刈り払わずに残しておいた1株が今年も花を咲かせています。  花の盛りは過ぎて少し傷んでいます。  来年もきれいな花が咲くように、周りに繁っているウツギや葦を刈り払おうと思います。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンゲツツジ

 畑の隅でレンゲツツジが満開になっています。  昔、杉林の中にぽつんと黄色い花のレンゲツツジが咲いていて、それを畑に移植したのですが、いつの間にか濃いオレンジ色の普通のレンゲツツジになっていました。  日当たりが良いと色が濃くなるんですかね。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オオヤマザクラ

 育成広場のオオヤマザクラが例年より1週間以上早く見頃になりました。  枝越しに北信五岳や北陸新幹線が遠望できます。  杉を背景に濃い色の花を撮ってみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セイヨウハシバミ

 ご近所の畑で栽培されているセイヨウハシバミの様子をちょっと見てきました。  紐のような雄花はすぐ分かりますが、雄花の隣にある雌花は注意しないと見落としてしまいます。  何本も突き出している赤い柱頭が目印です。  去年の秋に採り残された実が残っていました。  いわゆるヘーゼルナッツですね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フサザクラ

 林道の脇にある木の枝先が全体に赤くなっていました。  赤い雄しべから盛んに黄色い花粉を撒き散らしています。  花粉症の人に嫌われることはあっても、花弁がないので気付く人は少なそうです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダンコウバイ

 畑仕事に飽きたのでちょっと山の中へ逃避してきました。    雑木の芽吹き前で見通しのいい山中のあちこちに黄色い花が目立っていました。  結局お目当てのミスミソウは見つけられず、一枚だけ葉を出したカタクリがあちこちにあるだけでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ナニワズ開花

 庭先に積もっていた雪が消えた途端に黄色い花が咲きだしていました。  毎年雪に潰されてぺしゃんこになっていて、全然大きくなりません。  
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

早春

 りんご畑の雪が消えた途端に雑草の花が一気に咲き出しました。  日が当たると小梅の花もぽつりぽつりと開き始めています。  去年より一カ月近く早い春の訪れです。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more