テーマ:野草

ヒナスミレ?

 急傾斜の林の中で、薄赤紫色のスミレの花を見つけました。  葉が1枚だけ真っすぐ上に伸びているところがマキノスミレの特徴に似ています。  スミレは種類が多く素人には区別が難しい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キバナノアマナ

   畑の隅でさりげなく咲いていますが、この辺では誰も気に掛けてくれません。  ときどき遠くからわざわざ見に来る方がいらっしゃいますが、畑の雑草に紛れているので見つけにくいようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスミソウ

 まだ早いかなと思いながらいつもの場所へ様子を見に行ったら、枯れ葉の間でもう咲きだしていました。  今年は桜が例年より10日も早く咲きそうだという予報なので、もうしばらくするとミスミソウも見頃になりそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カワミドリ

 いつもの場所で今年も花が見られました。  未だに名前の由来は分かりません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジカンゾウ

 雑木林の中にヌスビトハギをちょっと大ぶりにしたような花が咲いていました。  しばらく更新していなかったので使い方を忘れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白花のスミレ

 杉林の中の山道に白い花びらのスミレが咲いていました。  生えていた場所からしてヒカゲスミレでしょうか。  何年か前にスミレの見方をmt77さんとカエル爺さんに教えていただいたのですがすっかり忘れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユリワサビ

 杉林の中を通る昔からの山道に小さな白い花が咲いていました。  コンロンソウかなと思ったのですがちょっと趣が違ような気がしたので写真を撮り、帰ってから調べるとユリワサビのようです。  お浸しなどにしてワサビのような風味を楽しむそうですが、たくさん集めるのはたいへんです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスミソウ

 天気がよかったので去年はじめて目にした場所へ出かけたらもう見頃になっていました。  白と桃色の花があります。  1株にたくさんの花が付いていました。  花弁のように見えるのは萼片だそうですが、緑色の萼片のように見えるのはなんなんでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバナノヒメシャジン

 ヒメシャジンの花が大きい変種です。  草津白根山の本白根山特有の花だそうですが、今は噴火の影響で入山できないため、誰にも見られずひっそりと咲いているかもしれません。  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センジュガンピ

 ナデシコの仲間だろうと素人にも分かります。  日光の千手浜で見つかったとか千手観音の手のように見えるとかいろいろ名前の謂われがあるようですが、名前を聞いて千手岩菲という漢字が浮かんでくる人は通ですね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フシグロセンノウ

 いつもなら8月に入ってからよく見かける花ですが、ことしはもう咲いていました。 フシグロセンノウ(節黒仙翁)7.5〜9cmポット【山野草】つどいの里八ヶ岳山野草園商品説明商品情報写真撮影日:8月山地に自生し、直径5cm程の朱赤色の綺麗な花を咲かせます。花期は7〜楽天市場 by 【山野草】白花フシグロセンノウ四国ガーデン楽天市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルメンエビネ

 サルの顔に似ているとして名付けられたそうです。  そう言われるとサルに見えなくもないかな。  想像力の豊かな人だったんでしょうね。 【2019年春〜 開花見込み株】【山野草】サルメンエビネ四国ガーデン楽天市場支店赤いリップを猿の顔に見立てたことから「猿面」エビネの名が。耐寒性強く、コントラストの良い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナヤマシャクヤク

 久しぶりに戸隠神社の奥社にお詣りした後、戸隠植物園を通ってベニバナヤマシャクヤクを見てきました。  ちょうど見頃でした。  あちこちでミズバショウをクマが食べた痕跡があり、急ぎ足の散策でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラショウモンカズラ

 道端の草むらの中でこの花はよく目立ちます。  それにしてもどうしてこんな名前になったんでしょうか。  蔓が長く伸びているわけでもないし。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルカズラ

 県道脇の草むらで青い花が目に入りました。  拡幅工事によって新しくできた場所なので、どこかから土と一緒に種が運ばれてきたのかもしれません。 ホタルカズラ(ミヤマホタルカズラ) 4号苗(c16)千草園芸17年3月17日入荷。苗の状態は季節により変化いたします。173bミヤマホタルカズラ 学名 Lith楽天市場 by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナノタンポポ

 リンゴ畑でタンポポが一斉に咲き出し、きれいなタンポポ畑になっています。  この畑ではまだ在来種のシナノタンポポががんばっていて、外来種のセイヨウタンポポと競合しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤワゲフウロ

 新参者の帰化植物がことしも庭先で花盛りになりました。  ヤワゲフウロという名前と来歴をカエル爺さんに教えていただいたので、刈り払わずにいたらずいぶん大きな株に成長していました。  北海道の外来種データベース2010では、全国分布が北海道、本州(大阪府、和歌山県)、四国(香川県)となっていますが、数年で信州の山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マキノスミレ?

 山の中で赤紫色のスミレが一つだけ咲いていました。  葉がぴんと立っているという特徴だけで、かの牧野大先生の名前のついたスミレかなと適当に判断しました。  スミレは種類が多く、素人にはなかなか区別できません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪割草

 雪割草といわれるオオミスミソウを越後まで見に行ってきました。  信州では見ることのできない色と形に、時の経つのを忘れて歩き回りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカモ

 湧き水が流れる用水路で白い花がぽっかり顔を出しています。  梅の花に似ている水中花なので梅花藻です。  水中に花粉を流して受粉させるのだとか。  強い風に飛ばされてきたサクラの花びらが脇を流れていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタクリ

 カタクリが咲き出しています。  周りのミスミソウは満開でした。 【山野草】カタクリ(2球植え)四国ガーデン楽天市場支店早春を告げる薄紫色の花が魅力の山野草の定番。 9cmポット植え【耐寒性】強 【日照】明るい日陰  【楽天市場 by S1-カタクリ 5本セットガーデンタウン※ この商品の配送サイズは、【 小サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスミソウ

 かねてから開花情報のお願いをしていたMさんから「ミスミソウが咲き出した」と電話があり、急いで駆けつけたらちょうど見頃になっていました。  白い花のほかにピンクの花もありました。  1株で10輪以上も咲いているのがありました。  これで今年の目標が一つ達成でき、感激です。  Mさんありがとうござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマママコナ

 クマが目撃されたので猟友会員と見回りをしていたとき、簡易電柵の根元で見慣れない花を見つけました。  大きな口を開けて食いつきそうな形はサルビアに似た花があったような気がします。  下唇に白い玉が2個並んでいるように見えることからミヤマママコナだと思います。  撮影に夢中になっていてクマに襲われでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てっきり

 ゲンノショウコの赤花だろうと思い、庭の草刈をしていて目についたのを刈り払わずに残しておきました。  この辺にあるゲンノショウコの花はすべて白花で、赤花を見かけることはなく、珍しい部類に入ります。  ところが草刈を終えてから近寄ってまじまじ見ると、ゲンノショウコとは葉の形が違うようで、花弁も切れ込みが入っています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツバメオモト

 立派な一眼レフを首から提げたおじさんと山道ですれ違ったとき「この先にツバメオモトありますかね」と尋ねられたので、「さっき見ましたよ」と安物デジカメの画面をお見せしました。  しばらく歩くと三脚を据えてじっくり撮影しているおじさんがいらっしゃいました。  みなさん機材も服装も本格的で、余裕がおありなんですねえ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シロバナエンレイソウ

 エンレイソウよりも標高の高いところに生えていて、別名ミヤマエンレイソウです。  ちょっと草臥れた花弁に赤紫色の模様があるのでムラサキエンレイソウかもしれませんが、シロバナエンレイソウの花の終盤に色が出ただけという見解もあるそうで、素人には区別できません。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コマクサ

 石だらけの斜面のあちこちで高山植物の女王が咲き始めていました。  かつて大量に盗掘されたことから今はロープで隔離されているため接近できず、目一杯ズームして撮影です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地獄の釜の蓋

 家人が「『田圃に車を落として動けなくなった。ここはどこだ』と我が家の住所を聞きに来たおじさんがいたよ」というので様子を見に行ったら、高さ3メートルほどの土手から落ちそうになっていた乗用車を専門業者が引き上げたところでした。  桜見物に来て道に迷い、獣害防止電柵の門扉に突き当たって行き止まりと勘違いし、Uターンしようとして目測…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春植物の出番

 畑の土手でキバナノアマナが咲き出していました。  枯れ葉を突き破って葉や花茎を伸ばしています。  雪が消えるのを待ちきれずに動き出したんでしょうね。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオツルイタドリ

 道端に繁茂している蔓草に赤いフリルのついた実がたくさんぶら下がっています。  小さい花は咲いていてもあまり目立ちません。  どこにも生えているのですぐに分かるだろうと高をくくっていたのですが、身近にあった図鑑などでは見つからず、名前が分かるまで何年もかかった記憶があります。  
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more