ハンショウヅル

 林道のフェンスにツルが絡みついて花や蕾がぶら下がっています。  この花を見るのは久しぶりです。  半分に割れて中身を見せているのもありました。 黄金ハンショウヅルGardenShop LaCotto商品詳細 宿根草or一年草 キンポウゲ科耐寒つる性宿根草 ポット/鉢サイズ 5号プラ鉢フェンス仕立て楽天…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

更紗満天星

 いつもの年より10日も早く庭のサラサドウダンが満開です。  木によって花弁の色合いが様々です。  去年の花殻が残っています。  これはベニサラサ(紅更紗)でしょう。  ベニドウダンも見頃です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルカズラ

 県道脇の草むらで青い花が目に入りました。  拡幅工事によって新しくできた場所なので、どこかから土と一緒に種が運ばれてきたのかもしれません。 ホタルカズラ(ミヤマホタルカズラ) 4号苗(c16)千草園芸17年3月17日入荷。苗の状態は季節により変化いたします。173bミヤマホタルカズラ 学名 Lith楽天市場 by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シナノタンポポ

 リンゴ畑でタンポポが一斉に咲き出し、きれいなタンポポ畑になっています。  この畑ではまだ在来種のシナノタンポポががんばっていて、外来種のセイヨウタンポポと競合しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤワゲフウロ

 新参者の帰化植物がことしも庭先で花盛りになりました。  ヤワゲフウロという名前と来歴をカエル爺さんに教えていただいたので、刈り払わずにいたらずいぶん大きな株に成長していました。  北海道の外来種データベース2010では、全国分布が北海道、本州(大阪府、和歌山県)、四国(香川県)となっていますが、数年で信州の山の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マキノスミレ?

 山の中で赤紫色のスミレが一つだけ咲いていました。  葉がぴんと立っているという特徴だけで、かの牧野大先生の名前のついたスミレかなと適当に判断しました。  スミレは種類が多く、素人にはなかなか区別できません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪割草

 雪割草といわれるオオミスミソウを越後まで見に行ってきました。  信州では見ることのできない色と形に、時の経つのを忘れて歩き回りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカモ

 湧き水が流れる用水路で白い花がぽっかり顔を出しています。  梅の花に似ている水中花なので梅花藻です。  水中に花粉を流して受粉させるのだとか。  強い風に飛ばされてきたサクラの花びらが脇を流れていきます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタクリ

 カタクリが咲き出しています。  周りのミスミソウは満開でした。 【山野草】カタクリ(2球植え)四国ガーデン楽天市場支店早春を告げる薄紫色の花が魅力の山野草の定番。 9cmポット植え【耐寒性】強 【日照】明るい日陰  【楽天市場 by S1-カタクリ 5本セットガーデンタウン※ この商品の配送サイズは、【 小サイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスミソウ

 かねてから開花情報のお願いをしていたMさんから「ミスミソウが咲き出した」と電話があり、急いで駆けつけたらちょうど見頃になっていました。  白い花のほかにピンクの花もありました。  1株で10輪以上も咲いているのがありました。  これで今年の目標が一つ達成でき、感激です。  Mさんありがとうござい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナニワズ

 山の中で咲いている黄色い花が目に入りました。  ナニワズかオニシバリのようです。  どちらにしても夏になると葉が落ちるのでナツボウズ(夏坊主)と呼んでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サギソウ

 今年はサギソウがたくさん咲いてくれました。  平成20年に京都から舞ってきたのが増減を繰り返しながらなんとか継続しています。  球根がたくさんできたらいいな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマママコナ

 クマが目撃されたので猟友会員と見回りをしていたとき、簡易電柵の根元で見慣れない花を見つけました。  大きな口を開けて食いつきそうな形はサルビアに似た花があったような気がします。  下唇に白い玉が2個並んでいるように見えることからミヤマママコナだと思います。  撮影に夢中になっていてクマに襲われでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カノコユリ

 ことしのお盆はたくさんのカノコユリの花がご先祖様を迎えてくれました。  半世紀以上前から我が家にあったものの、手入れが悪く絶滅寸前でしたが、一昨年に球根を植え替えたら元気になったようで、お詣りに来てくれた親戚のみなさんも喜んでいました。  秋に植え替えるとき、球根が増えていたらみなさんにも分けることにしましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカハマユウ

 ご近所の庭先に白い花が咲いていたのでちょっと気になっていました。  遠目にはテッポウユリのように見えましたが、近寄ってみるとどうも違うようです。  あれこれ検索した結果インドハマユウとかアフリカハマユウという名前で、ヒガンバナの仲間のようです。  ハマユウも知らないのにインドだのアフリカだの言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナインゲン

 数年ぶりに栽培を復活してみようと種をまいたのが花を付けだしました。  この豆の栽培適地は標高800メートル以上とされており、600メートルほどしかないこの場所では毎年実ってくれる保証はありません。  紅花という名前ですが白の遺伝子が混じっているようで、1株だけ白花が咲いています。  うまく実ってくれればこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオヤマレンゲ

 志賀高原・大沼池の林道を歩いていてこの花を見つけたとき、思わず「あった!」と叫んでしまいました。  モクレンのような大木と大きな花だと思って上ばかり見ていたので、道端でさりげなく咲いていたのにはちょっと拍子抜けでした。  手元のボケッと図鑑には『群馬・新潟県以西から四国、九州までの深山に生える』とあり、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

てっきり

 ゲンノショウコの赤花だろうと思い、庭の草刈をしていて目についたのを刈り払わずに残しておきました。  この辺にあるゲンノショウコの花はすべて白花で、赤花を見かけることはなく、珍しい部類に入ります。  ところが草刈を終えてから近寄ってまじまじ見ると、ゲンノショウコとは葉の形が違うようで、花弁も切れ込みが入っています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツバメオモト

 立派な一眼レフを首から提げたおじさんと山道ですれ違ったとき「この先にツバメオモトありますかね」と尋ねられたので、「さっき見ましたよ」と安物デジカメの画面をお見せしました。  しばらく歩くと三脚を据えてじっくり撮影しているおじさんがいらっしゃいました。  みなさん機材も服装も本格的で、余裕がおありなんですねえ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more