シロバナエンレイソウ

画像
 エンレイソウよりも標高の高いところに生えていて、別名ミヤマエンレイソウです。



画像
 ちょっと草臥れた花弁に赤紫色の模様があるのでムラサキエンレイソウかもしれませんが、シロバナエンレイソウの花の終盤に色が出ただけという見解もあるそうで、素人には区別できません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

桃色うさぎ
2017年06月26日 00:41
いゃあ、見てるだけで涼しくなりそうです♪ そうですね、同一種の中で花弁が淡い紅色のものをムラサキエンレイソウと呼びますね。この場合はどうなんでしょ? こちらでも四国山地の四国カルストや剣山系で自生が見られます。 
管理人
2017年06月26日 08:22
下界が34度でも標高2,000mの高原は過ごしやすかったですね。

いままで色付きは見たことがなく、これからも見られるかどうか分からないので、これはムラサキということにしておきましょう(笑い)

この記事へのトラックバック