みちくさきろく

アクセスカウンタ

zoom RSS 地獄の釜の蓋

<<   作成日時 : 2017/04/30 20:51   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
 家人が「『田圃に車を落として動けなくなった。ここはどこだ』と我が家の住所を聞きに来たおじさんがいたよ」というので様子を見に行ったら、高さ3メートルほどの土手から落ちそうになっていた乗用車を専門業者が引き上げたところでした。

 桜見物に来て道に迷い、獣害防止電柵の門扉に突き当たって行き止まりと勘違いし、Uターンしようとして目測を誤って狭い農道をはみ出したようです。

 下の用水路まで落ちたら大事故になるところでしたが、「なにわ」ナンバーのおっちゃんとおばちゃんに幸い怪我もなく、そそくさと帰って行きました。

 車が落ちかけた土手に咲いているキランソウが用水路に蓋をして守ってくれたのかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
危ないところでしたね。ホントに下手をすれば蓋の開いた地獄(・・・か天国)へ真っしぐらとなってましたね。よかったよかった。 最近ではナビだよりって人が多くて掲載されてる道から外れるとどうにもならないって人が多いですよね。こちらではお遍路さん(徒歩も車も)が迷ってとんでもないところにいるってことも多いですよ。
カエル爺さん
2017/05/01 17:27
 当地区を挟んだ両隣の地区に枝垂れ桜の名所があり、全国から見物客がやって来ます。
 当地区の入り口に「←あっち こっち→」と看板があっても無視して突っ込んでくる車が後を絶ちません。

 先日は桜の下で交通事故があったとかで現場に行くパトカーが、迷子になって門扉の前でうろうろしていました。
 「このナビは古くて」と言い訳していましたが、地元の名所へ行く道ぐらい知ってろよ、と突っ込みたくなりました(笑い)
管理人
2017/05/01 18:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
地獄の釜の蓋 みちくさきろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる