みちくさきろく

アクセスカウンタ

zoom RSS オオツルイタドリ

<<   作成日時 : 2016/09/12 17:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
 道端に繁茂している蔓草に赤いフリルのついた実がたくさんぶら下がっています。



画像
 小さい花は咲いていてもあまり目立ちません。

 どこにも生えているのですぐに分かるだろうと高をくくっていたのですが、身近にあった図鑑などでは見つからず、名前が分かるまで何年もかかった記憶があります。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
細く長い果実のガクの形から判断されたのでしょうか? こちらでは似たツルドクダミが帰化自生していますが本種の自生はありません。で、今年から高知では県内の帰化植物調査が始まり、名前の似たオオイタドリ(国内帰化)を探しています。でも平地じゃなさそうです。
カエル爺さん
2016/09/12 21:03
 北日本に多く自生しているというオオイタドリが日本中に広まっているそうで、高知にも進出しているんでしょうか。

 某大学農学部の生協書店にあった図鑑を立ち読みして、オオツルイタドリの実の写真を発見したときはちょっと嬉しかったですね。
 その後、詳しい方から「オオツルイタドリのフリルは次第にすぼまって柄に向かい、ツルタデのフリルはストンと柄につく」と見分け方を教えていただきました。
 名前を知らない道端の花がまだ多いいですね。
管理人
2016/09/12 21:34
オオイタドリは主に山間部の林道工事での土壌安定化のために持ち込まれた様ですね。このため、以前には見られなかった本州中部以西、四国、九州でも国内帰化している様です。
カエル爺さん
2016/09/12 23:27
長く更新されていませんがお元気でお過ごしなのでしょうか? 一年、お世話になりました。よいお年をお迎え下さい。
カエル爺さん
2016/12/31 22:42
 カエル爺さん、明けましておめでとうございます。
 大変ご無沙汰で失礼致しました。

 秋の長雨と台風の襲来であたふたとリンゴの始末をし、花の写真を撮る余裕もないうちに雪が降ってしまいました。
 今年は意計画的に時間を作って撮影に出かけたいですね。
管理人
2017/01/01 19:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
オオツルイタドリ みちくさきろく/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる